星降る夜はコペンに乗って・・・♪♪♪

★★屋根を開けると流れ星が時々落ちてきます.by lilimarleen = リリーマルレーン = リリー = リリーコペン

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス無人潜水艇作業開始

2005年08月07日(Sun) 11:07:31

露潜水艇:英チームが救助作業開始 無人潜水艇使い
潜水艇救出を続けるロシアの艦船=ロイター20050807k0000e030019000p_size5[1].jpg
 

ロシア海軍参謀本部によると、極東カムチャツカ沖の潜水艇事故で、英国の無人潜水艇スコーピオ45が7日、現場海域で救助作業を開始した。
 米国の無人潜水艇スーパースコーピオも同日中に現場海域に到着する予定。日本の海上自衛隊の到着を待たずに国際救助活動が本格化した。
 英潜水艇は、深さ約200メートルで、漁網やいかり付きの水中アンテナなどが絡まり浮上不能となっているロシアの潜水艇AS28に接近、ロボットアームなどを駆使し、水中アンテナが引っ掛かっている胴体周辺のワイヤの切断などを始めた。
 イワノフ国防相も同日、太平洋艦隊の艦艇で現場海域に向かった。

 英潜水艇の作業は数時間かかるとみられる。太平洋艦隊司令部は7日未明、事故発生4日目となる艇内には救出作業に必要な十分な酸素が残っており、7人の乗員は落ち着いた状態にあるとの見方を示した。
 同艦隊はAS28を第一段階でダイバーが作業可能な深さ60メートル程度まで移動、第二段階で海上まで引き揚げる方針。(ペトロパブロフスクカムチャツキー共同)
毎日新聞 2005年8月7日 9時43分 (最終更新時間 8月7日 10時59分)
スポンサーサイト
前の記事
やったね!
次の記事
潜水艦救難母艦「ちよだ」

コメント

関連記事(朝日)
事故のロシア潜水艇、英米が救助作業開始へ
2005年08月06日22時01分

 ロシア極東カムチャツカ半島南部の沿岸で浮上できなくなったロシア海軍のAS28型潜水艇を救出するため、英米の無人潜水機が6日、同半島に到着した。日本時間7日早朝から救援活動を始める。

 ロシア海軍によると、作業には1~4時間かかる見込み。潜水艇内の酸素は日本時間で8日午前まで持つとしており、作業終了まで支障は出ない、との見方だ。

 潜水艇は漁網のほか、重さが60トンのいかりをつけた沿岸監視アンテナにも引っかかり、移動を困難にしている。無人潜水機でいかりのケーブルを切ることを目指すほか、海軍は独自に、潜水艇とアンテナをワイヤでつってダイバーの作業が可能な深さまで引き上げる試みも続けている。

 ロシアのプーチン大統領は6日、イワノフ国防相を現地に派遣した。ただ、4日の事故発生からすでに時間がたっているだけに、対応の遅れに批判が上がっている。インタファクス通信によると、乗組員の家族も救援活動の進み具合をテレビで知るような状態。5年前に原潜クルスクの沈没事故を起こしながら、救出用の装備や体制を十分整備せず、ふたたび多くを外国に頼ることになった海軍の安全管理を問題視する声も強い。

by lili marleen
URL
2005-08-07 日 12:30:12
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://lilimarleen.blog8.fc2.com/tb.php/76-d175fd43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。