星降る夜はコペンに乗って・・・♪♪♪

★★屋根を開けると流れ星が時々落ちてきます.by lilimarleen = リリーマルレーン = リリー = リリーコペン

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電

2005年11月12日(Sat) 12:40:02

原子力発電は必要だと思いますが、使用済みウラン燃料の再処理を急がず(プルトニウムを過大に保持せず)、将来の原油やウラン資源の需給を考慮しながら、例えば10年毎に再処理を行なうかどうか判断するという手法は如何なのでしょうか?

20051112142406.jpg 20051112172535.jpg monju.jpg

写真<左・中>新潟刈羽原発(2005/12/11オフ会予定地)
写真<右>高温金属ナトリウムの噴出で運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」

続き

現在の原油高が続くと採掘可能油田が増大し、可掘埋蔵量もさらに増えると思われます。そうは言っても化石燃料の使いやすさは他の物では得られぬ面もあり、電力については原子力発電をさらに拡充する必要があります。
ただしプルトニウムの(物理的、政治的)危険性を考えると、当面はウラン発電だけにとどめ、高速増殖炉やMOX燃料使用は将来に持ち越すべきだと思います。
経済性でも使用済みウラン燃料をそのまま丁寧に保管すれば、現時点での再処理と遜色がないと思うのですが・・・
スポンサーサイト
前の記事
探査機「はやぶさ」
次の記事
日本シリーズ第1戦はロッテの大勝

コメント

こんにちは。
すいません、処理や保管など難しくて私にはよくわかりませんが・・・
現在の原子力発電の陰には、あの恐ろしいチェルノブイリ事故が重くのしかかっていますね。
20年近くたった今も、苦しみ亡くなる方がいると聞きました。
事故のとき日本にも放射能が降ったはず。。。
もし4号炉”石棺”が崩壊したら、いったいどうなるのでしょう。。。
by omiidon
URL
2005-11-12 土 14:41:32
編集
チェルノブイリの黒鉛型原子炉の暴走は本当に恐ろしい事故でした。限りある地球の資源を20世紀型の消費社会で枯渇させてしまって、子々孫々まで恨まれてはならないから石油を守ろうという意気込みはわかるのですが・・・放射能汚染という末恐ろしい置き土産(半減期が2万年なんていうものも高濃度廃棄物に含まれています)を残された子孫から『自然破壊者』と烙印を押されないように気をつけなくてはなりません。
プルトニウム239の半減期が2万4千年だそうですから、こんな廃棄物が不安定な地層に捨てられて、万が一人間の生活環境に漏れてしまったら・・・その土地は生物が住めない場所になってしまいます。
by リリー
URL
2005-11-12 土 15:00:53
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://lilimarleen.blog8.fc2.com/tb.php/142-12869f6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。