星降る夜はコペンに乗って・・・♪♪♪

★★屋根を開けると流れ星が時々落ちてきます.by lilimarleen = リリーマルレーン = リリー = リリーコペン

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<さい帯血>移植搬送

2005年10月08日(Sat) 09:53:10

<臍帯血>移植搬送の時に空港ゲートで電磁波を浴びせてしまったそうです。

続き

成熟していない造血細胞は外界からの影響を受け易いから、気をつけようという記事です。ドナー協会から発表されたのでしょうか?
こんな情報を不用意に流すのは、どうなんでしょうね。テロ集団が喜ぶだけ、あるいは暴力団や一部の不心得者が拳銃を密輸したい時に、もっともらしい身分証明書と「骨髄移植推進財団などが発行する証明書」らしき物を偽造してチェックを逃れる手段に使われてしまいそうです。(疑われても、身分証や証明書に移植協会や病院のニセ電話番号を印刷しておき、空港からの問い合わせにもっともらしく仲間が返答すれば完璧でしょう)

警察手帳なんかもそうですが、本物を知っている人は一握りです。電気・ガス・水道の検査で個人宅を訪問する時は必ず身分証明書を携帯していますと宣伝していますが、本物を知らないので見極められませんよね。

移植臓器運搬は時間との争いという側面もあるので、チェックにあまり時間はかけていられないでしょうし、厳重に密封した容器で運搬するので、外気に触れさせるなんてことは決してできんでしょう。(たぶん蓋を開けたら折角の臓器が使い物にならなくなるかも知れません)

爆弾を運ぶには最適な容器です。X線探知機を通してはいけないとの情報が下手に蔓延すると悪知恵の働く輩が一体何を運ぶか、わかったもんじゃありません。


臍帯血運搬方法の情報を社会に広めて「再発防止」しなくてはならないほどの大問題なのかというと、電磁波による悪影響なんて(個人的には)あまり気にする必要がないと思っています。逆に対象となる人たちの不安感を煽るだけみたいなもんです。空港職員と携行する職員、高々数百人の注意を喚起すれば済むだけのことを、新聞発表してしまう感覚がわかりません。
スポンサーサイト
前の記事
キンモクセイとアルフ
次の記事
ソフトバンク兄弟獲得失敗

コメント

> 悪知恵の働く輩が一体何を運ぶか、わかったもんじゃありません。

これが一番怖いですね。
人間は知恵があるから動物とは異なるんですが、神をも恐れぬ人間は鬼畜以下になり下がってしまいます。
仏教では、人間より下は確か、→畜生→餓鬼→地獄の順だったような・・・
恐ろしいことを考え出す人間は知恵があるからこそ、そういうことが出来る。
それで動物とは異なるとでも自分では考えているのでしょうが、実は動物以下のレベル、地獄まで落ちることができるのですから・・・
人間からみればまだ猛獣の方が怖くない存在だといえます。
街中でライオンが歩いていたら、すぐにわかります。防衛方法もとれます。
ところがそういう人間は、区別がつきません、防ぐ手立てもとれないのです。だからも最も怖い存在です。
よっぽど怪獣や妖怪の方がマシです。
少しでも人間の皮を着た化け物が生まれないように、努力していかなければ。。。自然淘汰により人間は滅びると思います。
by omiidon
URL
2005-10-09 日 17:15:10
編集
人間以外の自然界では「悪知恵」を働かせるなんてことはないですね、確かに。
弱肉強食の世界で本能のままに行動しているのが、一見残虐に見える場合もありますが、相手を殺すことだけを目的として知恵を働かすことなんてありえません。

お腹がいっぱいになったライオンは目の前をご馳走が通りかかっても、平和に見逃しています。

仏様の教えに、キリスト教徒もイスラム教徒ももう少し耳を傾けたらいいのにな・・・なんて信心のないリリーですが思っています。
by lili marleen
URL
2005-10-09 日 21:47:54
編集
すいません、十界、人間界と畜生界との間にひとつ修羅が抜けてました。
天上界→人間→修羅→畜生→餓鬼→地獄界
この六道をぐるぐる回っているのが普通の人間だそうです。
この上の四聖道にはとてもいけませんが、修羅(争い)にはしょっちゅう落ちています・・・気をつけよっと。(^^;

by omiidon
URL
2005-10-09 日 23:26:30
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://lilimarleen.blog8.fc2.com/tb.php/116-6887413f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。