星降る夜はコペンに乗って・・・♪♪♪

★★屋根を開けると流れ星が時々落ちてきます.by lilimarleen = リリーマルレーン = リリー = リリーコペン

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ君、大ピンチ

2005年11月30日(Wed) 19:40:00

姿勢制御エンジンの不調で地球への帰還が難しい状況です。
高効率のイオンエンジンに点火して地球への帰途につく期限が迫ってきてますが、姿勢制御できないと・・・方向が定まらず、宇宙の迷子になっちゃいます。4年後に再びチャンスが巡ってくるので、そのままの位置でとどまっている手もありえるのですが、そんなに待ってると故障の可能性が高まってしまいそうです。
がんばれ、はやぶさ君!
20051130193945.jpg

スポンサーサイト

午後3時からの記者会見(松浦さんのHPより)

2005年11月30日(Wed) 08:01:04

「はやぶさリンク」:午後3時からの記者会見
午後3時から記者会見開始

 リリースが二通。一つが第二回着陸のまとめ。もう一通が現状の分析。

 川口 土曜日に着陸の結果と今後の計画について説明したが、もう一度、説明する。もう一通が気になるでしょうが、こちらから説明します。

 第2回降下の詳細です。「はやぶさ」の第2回着陸飛行の結果と今後の計画について

姿勢制御不能、一時通信途絶=トラブル続発?地球帰還、楽観視できず・はやぶさ

2005年11月29日(Tue) 20:16:02

姿勢制御不能、一時通信途絶=トラブル続発?地球帰還、楽観視できず・はやぶさ

 小惑星「イトカワ」の岩石試料採取後、約6キロ離れた場所にいる探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は29日午後、姿勢制御用のガス噴射エンジンに新たなトラブルが発生したと発表した。このため通信アンテナを地球に向けられなくなり、28日に通信が途絶。29日午前に通信は回復し、原因の究明に努めているが、難航している。
 はやぶさは12月上旬に地球への出発期限が迫っているが、姿勢制御エンジンが復旧しないと、航行用のイオン噴射エンジンが正常でも、帰還できない。記者会見した川口淳一郎教授は「深刻だ」と話した。

JAXA宇宙科学研究本部 

2005年11月28日(Mon) 22:52:05

「はやぶさ」のいちばん長い日

2005年11月27日
JAXA宇宙科学研究本部
対外協力室長 的川 泰宣

「はやぶさ」が、月以外の天体表面からのサンプル採取という輝かしい快挙を成し遂げたことは、ほぼ間違いありません。日本にこのような若者たちを持っていることを、私は心から誇りに思います。以下は、「その日」の実況です。

松浦さんからのコピペです

2005年11月28日(Mon) 22:48:48

2005.11.28
「はやぶさリンク」:着陸ミッションを終えて
 JAXA広報からの連絡によると、28日の運用もセーフモードからの復帰に費やした模様。三軸制御を確立して、ハイゲインアンテナを使って着陸時に取得したデータをダウンロードするのは明日29日以降となる。データが解析されて公表に至るには、さらに数日を必要とするだろう。

JAXA発表

2005年11月27日(Sun) 16:27:54

「はやぶさ」小惑星のサンプル採取成功に確信
88万人署名入りのターゲットマーカも発見!

11月26日「はやぶさ」探査機による第2回着陸/試料採取が行われました。試料採取に必要なすべての指令が実施された事が確認され、「はやぶさ」プロジェクトチームは世界初の小惑星の表面物質の採取に成功したと確信しています。今後、「はやぶさ」からの詳細データが届けば、状況証拠が得られるものと考えています。

「はやぶさリンク」:午後4時からの記者会見

2005年11月27日(Sun) 02:14:39

午後4時からの記者会見です。(松浦晋也のL/Dからコピペ)

 出席者は川口淳一郎プロジェクト・マネージャー、井上一宇宙科学研究本部長、ミッション・アドバイザーの上杉邦憲教授、司会の的川泰宣教授。

写真は、左から、的川教授、井上本部長、川口プロマネ、上杉教授。撮影:喜多充成4scientist_thumb.jpg

宇宙研周辺の様子

2005年11月26日(Sat) 11:35:40

11/26: ISAS in autumn | 秋のISAS
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
データ解析が進んでいる間、宇宙研周辺の様子をお送りいたします。これは、宇宙研本館。

While data processing are going on, it is best to see a beautiful scenary of autumn in ISAS. You can see "Main Building" of our laboratory.
20051126-DSC06357.jpg

はやぶさの姿勢は安定

2005年11月26日(Sat) 11:32:23

11/26: Attitude of Hayabusa is stable
Category: English Posted by: HayabusaLive
Attitude of Hayabusa is stable. Now Hayabusa is 4 to 5 kilometers away from Itokawa.
11/26: はやぶさの姿勢は安定
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
はやぶさは、現在姿勢が安定した状態で飛行しています。イトカワからの距離は4?5キロメートルです。

11/26: Command room in analysis | 解析中の管制室
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
解析室ではデータの解析作業が行われています。

In command room, data analyses are in progreess.

20051126-DSC06354.jpg

臼田局との高利得通信確立

2005年11月26日(Sat) 09:57:10

11/26: High-gain transmission established
Category: English Posted by: HayabusaLive
High-gain (high-speed) transmission between Hayabusa and Usuda Deep Space Center has been established. Now engineers are working for analyzing initially downloaded packets.
11/26: 臼田局との高利得通信確立
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
臼田局との高利得通信(ハイゲイン通信。高速での通信)が確立しました。現在、機上データをダウンロードし、解析を始めたところです。
11/26: Switching antenna to ISAS Usuda
Category: English Posted by: HayabusaLive
Now we are switching the antenna from DSN (Deep Space Network) into ISAS Usuda Deep Space Center.
11/26: 臼田局へ切り替え中
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
現在、アンテナをDSN(深宇宙管制網)からISAS臼田局へ切り換えているところです。

上昇に転じる blog時間7:28頃

2005年11月26日(Sat) 07:30:22

11/26: 上昇に転じる
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
何らかの理由により、はやぶさは上昇に転じました。

11/26: Operation room #2 in tension | 緊張の第2運用室
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
20051126-DSC06342s.jpg

高度14メートル

2005年11月26日(Sat) 07:21:15

11/26: 高度14メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
7:15現在、高度は14メートルです。

高度は約40メートル

2005年11月26日(Sat) 07:19:02

前回は高度90mを最後にこれ以降のブログ更新がありませんでした。

11/26: Altitude is about 40 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 7:10 JST, the altitude is approximately 40 meters.
11/26: 高度は40メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
7:10現在、高度は約40メートルです。

高度は90メートル

2005年11月26日(Sat) 07:10:54

11/26: Altitude is about 90 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 7:05 JST, the altitude is approximately 90 meters.
11/26: 高度は90メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
7:05現在、高度は約90メートルです。
11/26: Altitude is about 120 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 7:00 JST, the altitude is approximately 120 meters.
11/26: 高度は120メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
7:00現在、高度は約120メートルです。
11/26: Altitude is about 160 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 6:55 JST, the altitude is approximately 160 meters.
11/26: 高度は約160メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
6:55現在、高度は約160メートルです。
11/26: Altitude is about 180 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 6:50 JST, the altitude is approximately 180 meters.
11/26: 高度は180メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
6:50現在、高度は約180メートルです。
11/26: Altitude is about 220 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 6:45 JST, the altitude is approximately 220 meters.
11/26: 高度は220メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
6:45現在、高度は約220メートルです。

4:49に撮影されたイトカワの画像

2005年11月26日(Sat) 05:39:57

11/26: Itokawa's image | イトカワ画像
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
4:49に撮影されたイトカワの画像です。はやぶさの影がみえはじめています。

Itokawa's image captured at 4:49 JST. The shadow of Hayabusa is seen.
20051126-19_49.jpg


11/26: Discussion at operation room #1 | 第1運用室での議論
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
第1運用室での議論の様子です。

Discussion at operation room #1.
20051126-DSC06333.jpg


11/26: Answer! | 答えはこの写真に
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
答えはこの写真にあります。このカメラ、実は管制室の白板をとるためなのです。白板には最新の運用状況が書かれて行きます。このカメラはそれをモニターし、第2運用室で映すためのものです。

This is an answer! This camera is to take a video image of the whiteboard at the command room. On these whiteboards, the newest operational information are written. This camera monitors them, and video can be seen at the operation room #2.
20051126-DSC06330.jpg


11/26: Webcam is here | こちらがライブカメラ
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
皆さんがご覧になっているライブカメラは、入口脇の高いところに設置してあります。

The webcam what you are watching is placed aside an entrance of the command room.
20051126-DSC06331.jpg

高度約500メートル

2005年11月26日(Sat) 04:39:03

11/26: Altitude is about 500 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 4:00 JST, the altitude of Hayabusa is approximately 500 meters.
11/26: 高度約500メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
4:00現在、はやぶさの高度は約500メートルです。
11/26: What's a role of this camera? | このカメラの役割は?
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
問題です。管制室の真ん中に立っている、このカメラの役割は何でしょうか?

Here's a question! What is a role of this camera standing at the center of the command room?
20051126-DSC06329.jpg


11/26: Command room at 4:00 JST | 4:00の管制室
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
4:00頃の管制室です。

Command room at 4:00 JST around.
20051126-DSC06328.jpg

リポビタンDが増強されてます

2005年11月26日(Sat) 03:43:56

11/26: Blog booth at 3:30 | 3:30現在のブログ端末周辺
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
3:30現在のブログ端末周辺の状況です。

The blog booth at 3:30 around.
20051126-DSC06326.jpg


11/26: Altitude is about 570 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 3:24 JST (onboard time), the altitude of Hayabusa is approximately 570 meters.
As of 3:00 JST around (onboard time), the distance between shape center of Itokawa and Hayabusa is approximately 780 meters. Hayabusa is descending at a rate of 1.6 centimeters per second.
11/26: はやぶさ高度は570メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
機上時刻3:24現在、はやぶさの高度は約570メートルです。
また、機上時刻3時現在、イトカワ中心との距離は約780メートル、速度は秒速1.6センチで降下しています。

落ち着いた雰囲気です

2005年11月26日(Sat) 03:39:39

11/26: Operation room #1 | 第1運用室
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
3時すぎの第1運用室の風景です。

A snapshot of the operation room #1 past three o'clock.
20051126-DSC06325.jpg


ライブ映像で送られてくるコントロールセンターの内部もゆったりとしていて、緊迫感が伝わってきません(悪い意味で言っているのではなく、みなさん自信に満ち溢れていながら、リラックスしている様子が嬉しい限りです)

やぎさんの言葉を借りれば、実に健気です。

2005年11月26日(Sat) 03:19:11

太陽をはさんで地球の反対側では、歴史的な小惑星の試料採取に向けて「はやぶさ」(いいネーミングです)の降下が始りました。朝7時頃にドラマが待ち構えてます。

ミネルバ投下に失敗したとか、第1回目の着陸時のドタバタとか、いろいろ陰口を叩かれながら、実に健気に「はやぶさ」君は活躍しています。たった500メートルの小惑星にたどり着いてランデブーして、着陸までしていたなんて、君は偉い!

試料採取に成功して欲しい気持ちはやまやまですが、深入りしすぎてイトカワ(小惑星の名前)に激突したり、ホバリングが長い時間に渡って火傷しないようにね。(前回30分くらい近接していたので、小惑星表面温度100℃に悪影響を受けた可能性があります)

2年後にはサンプル試料をしっかり携えて地球まで戻ってきて、サンプルを入れたカプセルがオーストラリアの砂漠に戻ってくる計画が残っているので、試料採取に熱中しすぎないように!

はやぶさ高度は900メートル

2005年11月26日(Sat) 02:53:13

11/26: Itokawa's image | イトカワ画像
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
1:58に撮影された、イトカワの画像です。

Itokawa's image captured at 1:58 JST.
20051126-16_58.jpg


11/26: Altitude is about 900 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 2:00 JST (onboard time), the distance between shape center of Itokawa and Hayabusa is approximately 930 meters, and the altitude of Hayabusa is approximately 900 meters. Hayabusa is descending at a rate of 4.5 centimeters per second.
11/26: はやぶさ高度は900メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
2:00(機上時刻)現在、はやぶさとイトカワ中心との距離は約930メートル、はやぶさの高度は約900メートルです。速度約4.5センチメートルで降下中です。

弾丸射出装置

2005年11月26日(Sat) 02:32:43

11/26: Projection device (mock-up) | はやぶさの射出装置
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
はやぶさの弾丸射出装置の実物大模型です。左側が射出装置、右側が発射される弾丸です。

The mock-up of projection device of Hayabusa on board. Left is a projection device, and right is an projectile.
20051126-projectile.jpg


11/26: Operation room #2 | 第2運用室
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
第2運用室では、はやぶさ運用についての議論が行われていました。

At the operation room #2, engineers are discussing on Hayabusa operation.
20051126-DSC06322.jpg

イトカワ中心との距離は1350メートル

2005年11月26日(Sat) 01:16:57

11/25: イトカワ中心との距離は1350メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
23:00現在、イトカワ中心との距離は約1350メートルです。
現在、毎秒約4.5センチで降下中です。
2318.jpg


11/26: Altitude is about 1100 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 0:00 JST (onboard time of Hayabusa), the distance between shape center of Itokawa and Hayabusa is approximately 1200 meters, and the altitude is approximately 1100 meters. Hayabusa is descending at a rate of 5 centimeters per second.
11/26: はやぶさ高度は1100メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
はやぶさ機上時刻0:00現在、イトカワ中心との距離は約1200メートル、高度は約1100メートル、降下速度は毎秒約5センチメートルです。

11/26: Altitude is about 950 meters
Category: English Posted by: HayabusaLive
As of 1:00 JST (onboard time), the distance between shape center of Itokawa and Hayabusa is approximately 1080 meters, and altitude is approximately 950 meters. Hayabusa is approaching Itokawa at a rate of three centimeters per second.
11/26: はやぶさ高度は950メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
午前1時(機上時刻)現在、イトカワ中心とはやぶさとの距離は約1080メートル、高度は約950メートルです。現在探査機は秒速3センチメートルでイトカワへ接近中です。

はやぶさ、最後の挑戦

2005年11月26日(Sat) 00:39:38

11/26: Amulet for flight safety | 航空安全のお守り
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
太宰府天満宮の航空安全のお守りが、管制室のコンピュータにつけられていました。
An amulet for flight safety was put on the computer at the command room.
omamori.jpg

ところで、・・・

2005年11月26日(Sat) 00:18:28

自転車事故で賠償命令 5千万円、当時高校生に

 自転車に背後から衝突され重い障害が残ったとして、元看護師の女性(57)=横浜市=が、乗っていた当時高校生の女性(19)と父親に計約5700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、横浜地裁の井上薫裁判官は25日、女性に約5000万円の支払いを命じた。
 原告代理人によると、自転車と歩行者の事故をめぐる判決では異例の賠償額。
 判決理由で井上裁判官は「被告女性は携帯電話に気を取られ、前方に注意を欠いたまま進行した。原告の後遺障害との因果関係も認められる」とした。
 原告側は自転車を買い与えた父親にも賠償責任があると主張したが、井上裁判官は「被告の女性は高校生で、判断能力に欠ける点はなかった」と退けた。
(共同通信) - 11月25日22時36分更新

自動車事故の場合は強制加入の自賠責保険がありますが・・・

探査機はやぶさ降下を開始

2005年11月26日(Sat) 00:04:12

探査機はやぶさ降下を開始 けさ着陸、岩石採取へ

 宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)の探査機「はやぶさ」は25日午後10時、地球から約2億9000万キロ離れた小惑星イトカワに着陸して岩石を採取するため、最後の降下を始めた。着陸は26日午前7時ごろの見通し。
 はやぶさは20日の挑戦で約30分小惑星表面にとどまり、日本の機器として初めて他の天体への着陸を果たした。世界初の小惑星着陸後の離陸にも成功したが、世界初の小惑星からの岩石採取はできなかった。
 宇宙機構によると、はやぶさは25日午後10時現在、高度約1・8キロから毎秒6センチでゆっくりとイトカワに接近中。26日午前6時ごろ、降下を続けるかどうかを判断し、その後ははやぶさ自らが組み込まれたプログラムに沿って姿勢や距離など状況を把握。途中で投下した反射板付きボールをカメラでとらえて着地点を確かめ、レーザーで高度を測りながら降下する。ボールは残り1個で、投下すると後がない。
(共同通信) - 11月25日22時48分更新

26日、再挑戦 ! また徹夜かな・・・

2005年11月24日(Thu) 21:20:36

<小惑星探査機>はやぶさ、26日に岩石採取再挑戦

 宇宙航空研究開発機構は24日、世界で初めて小惑星の岩石採取を目指す探査機はやぶさについて、日本時間26日午前に小惑星イトカワへの着陸と岩石採取に再挑戦すると発表した。川口淳一郎・宇宙科学研究本部教授は「障害物の検出センサーの感度を下げるなどして、着陸しやすい運用を検討している」と話した。
(毎日新聞) - 11月24日20時5分更新

おめでとう! 着陸成功

2005年11月24日(Thu) 19:02:38

実は実は、なんと、着陸に成功していたそうです。
fig3a.jpg

あれれ?

2005年11月20日(Sun) 09:16:42

トラブル発生?

小惑星降下時にトラブル=88万人名前入りボール投下後?探査機「はやぶさ」

 宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」は20日午前6時ごろ、小惑星「イトカワ」に着陸地点の目標とするソフトボール大の「ターゲットマーカー」を投下した。しかし、その後に高度データが変わらない異常が発生。宇宙機構は同7時ごろ、搭載コンピューターによる自律航行に見切りをつけ、エンジンを噴射して上昇するよう指令した。通信は維持できており、宇宙機構は状況把握を急いでいる。
 世界初の小惑星着陸と岩石試料採取に成功したかどうかは不明。マーカー内部には、世界149カ国から集まった約88万人の名前が刻まれたアルミシートが入っていた。
 宇宙機構ははやぶさに対し、太陽電池パドルを太陽に向けて電力を確保し、最低限の通信機能以外は休止する「安全姿勢」モードに入ることも指令した。このため、トラブル内容の把握までに半日から1日程度かかる可能性がある。 
(時事通信) - 11月20日9時0分更新

いよいよ佳境に

2005年11月20日(Sun) 06:50:20

11/20: イトカワ画像 | Itokawa image
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
午前4時58分に撮影されたイトカワ画像です。「はやぶさ」の影がくっきりと見えています。

An Itokawa's image captured at 4:58 JST. The shadow of the Hayabusa spacecraft is clearly seen.

itolawa.jpg


11/20: 高度90メートル
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
午前5時40分現在、高度は約90メートルです。

hayabusa

2005年11月20日(Sun) 02:02:02

itokawa.jpg

11/20: Itokawa image at 1:16 JST
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
午前1時16分現在のイトカワの画像です。


plate.jpg

11/20: Target Marker and Signatures
Category: Japanese Posted by: HayabusaLive
イトカワに投下するターゲットマーカと、88万人分の署名が彫られたアルミ板(模型)です。

The target marker which will throw into Itokawa and a thin Aluminum plate which records 880 thousands people's name (both model).
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。